<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日の おみや | main | 我が家の草原 >>
ファーマーズテーブルの『バーターケース』
            バーターケース

いつ頃 頼んだろう・・・  
原宿にある『ファマーズテーブル』に三谷龍二さんの「バターケース」を頼んだのは・・・
もう忘れるくらい前である。頼んだ時に「一年はお待ちいただくことになりますが」と言われた
一瞬 「一年?」 バターケースを一年も待つなんて どうしようと 暫し考えた  
いくら気に入ったとはいえ、一年なんて 出会った嬉しさを忘れちゃうよしょんぼり
せっかちで 欲しいものはすぐ欲しい こらえ性のない私は答えにつまった
でも もっと気に入るものに出会う自信がなかったので、とりあえずオーダーする事にした
バーターケースは 毎朝目にするものだし 気に入ったものがテーブルに並べば気分も違う。。。
だろうと思い              そして・・・・・・
                        忘れた頃に電話が鳴った
「お待たせいたしました。バターケースが届きました」と
お店に行って バターケースを見た瞬間 待って良かった(^^)
サクラの木をくり抜いてつくったケースは 
どこにも継ぎ目がなく こっくりした色と吸い付くようなさわり心地
朝の楽しみが増えたな拍手    にんまりした
| 日々のこと | 21:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは、先日はコメントありがとうございました!
とても素敵なブログですね。穏やかで優しい雰囲気が好きです。何より、優雅な生活にうっとりしました。私なんて世の中に「バターケース」なるものがあることすら知らなくて・・。更新楽しみにしてます!
| yukiko | 2005/06/27 3:23 PM |
■yukikoさんへ
コメントありがとうございます。
優雅なんて言葉には 程遠いのでちょっと照れてしまいます。田舎育ちのせいか周りに木の香りや 花の香りなんかを感じられるとホッとするので、ついつい「木のバターケース」に魅せられたのかもしれません。
yukikoさんのエッセイ とても楽しみにしてます。またお邪魔させてくださいね。

| | 2005/06/27 11:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://flowergarden.jugem.jp/trackback/31
トラックバック